広瀬すず『anone』爆死の余波続く……“女優評価”ダダ下がりで、エロ解禁へ!? | NewsCafe

広瀬すず『anone』爆死の余波続く……“女優評価”ダダ下がりで、エロ解禁へ!?

芸能 サイゾー

人気凋落で、あの広瀬すずが一大決心!?

 6月で20歳を迎える広瀬だが、10代最後の主演連ドラとなった1月期の『anone』(日本テレビ系)は平均視聴率6.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)の大爆死で幕を閉じ、事実上の“日テレ出禁”ともいわれている。また、ヒロインを務めた昨年10月公開の映画『先生!、、、好きになってもいいですか?』も大コケと、主演を務める来年前期のNHK朝ドラ『夏空 -なつぞら-』に暗雲が漂っている状況だ。

 女優としての評価を下げている広瀬だが、20歳を機に、重大な方向転換に踏み切るようだ。映画関係者が明かす。

「吉高由里子のような、大胆な“セクシーシーン”も演じられる女優を目指していくようです。吉高は映画初主演を果たした『蛇にピアス』で初ヌードを披露していますが、広瀬も乳首までは見せないにしても、衣服を脱いだ濡れ場など“エロ解禁”で演技力をアピールしていきたいようです」

 もともと清純派といわれながらも、演技とあれば過激なシーンもいとわないのが広瀬だった。16年公開の映画『怒り』では、レイプシーンにも挑戦。このときは悲鳴ではなく、横顔の表情でつらい心情を表現していたが、いよいよボディを見せるカットにも踏み切るというなら、ファンならずとも大歓迎だが……。

「朝ドラの放送前なら特に縛りもないため、現在、映画のシナリオを選定しているところだといいます。候補に挙がっているのが、園子温監督で『二重人格』の女性をテーマにした作品。昼は貞淑で、夜になるとハプニングバーに通うという内容なんだとか……」(同)

 広瀬が一皮むけた艶技で、「CMタレント」から「女優」に化けるのか注目だ。
《サイゾー》

特集

page top