医学部偏差値は最低でも早慶理工レベル、親世代の認識とズレ | NewsCafe

医学部偏差値は最低でも早慶理工レベル、親世代の認識とズレ

子育て・教育 リセマム/教育・受験/高校生
2017年度国公立大学入試難易予想ランキング&2017年度私立大学入試難易予想ランキング
  • 2017年度国公立大学入試難易予想ランキング&2017年度私立大学入試難易予想ランキング
  • 「医学部合格完全読本」(田尻 友久 著/かんき出版)
 「大学全入時代」と呼ばれる状況で、「医学部」の人気が上昇し続ける理由とはなんだろうか。医歯専門予備校の学院長がその理由を解説するとともに、親世代と現在との認識のズレを指摘する。

下位の医大と早慶理工が同じレベル

 表を見ればわかるとおり、私立大学の理系で2017年のボーダーライン偏差値予想が一番高いのは、早稲田大学の67.5と慶應義塾大学の65.0です。これらは早慶の中でも最難関です。

 一方、65という偏差値は、医学部に限って見てみると、下位に相当することになります。


 もちろん、医学部と一般の理系学科では、受験科目が違うこともあるので単純に比較はできません。しかし、医学部の中ではボーダーライン偏差値がそれほど高くなく、入りやすそうに見える大学であっても、早稲田、慶應の中でも最難関の理系学科とほぼ同等であることは確実です。

 早稲田、慶應の理工レベルの成績でも、医学部の中では入試難易度の低い大学さえ合格できるかどうかギリギリなのです。
《リセマム》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top