自分は醜いと思い込む… 女性に多い「醜形恐怖症」とは | NewsCafe

自分は醜いと思い込む… 女性に多い「醜形恐怖症」とは

健康・生活 もこすく
自分は醜いと思い込む…  女性に多い「醜形恐怖症」とは
執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター)
医療監修:株式会社とらうべ
他人は何とも思っていないのに、自分の外見や容貌に極度にとらわれてしまうのが醜形恐怖症です。
見た目のささいな欠点に思い悩み、精神的な苦痛を感じて日常生活にまで支障をきたしている、という状態を基準に病的とみなされます。
専門的診断では「強迫性障害」の関連障害群に分類されています。
女性に多いという醜形恐怖症…いったいどのような病気なのでしょうか。

醜形恐怖症/身体醜形障害( Body Dysmorphic Disorder : BDD)

顔や身体のさまざまなパーツ、髪形、肌の様子、筋肉のつき方、身体の太さやたるみ、乳房や体毛や性器など自分の身体の形態が、一部あるいは全部に関して「醜いまたは奇異な形をしている」と訴える症状を「醜形恐怖症」または「身体醜形障害」と呼んでいます。
実際には、「鼻が低い」「目が小さい」のようにいわゆる欠点ともいえる特徴を過剰に悩むタイプと、客観的には何らおかしくないことを本人はすごく悩んでいるというタイプがあります。
《Mocosuku》

特集

page top