三菱自は4年間でなにをなした? 新車「エクリプスクロス」発売前に業績回復の背景 2ページ目 | NewsCafe

三菱自は4年間でなにをなした? 新車「エクリプスクロス」発売前に業績回復の背景

車・乗り物 乗り物ニュース
2018年3月1日、日本市場では実に4年ぶりとなる三菱自動車の新型車「エクリプスクロス」(鈴木ケンイチ撮影)。
この4年間、どこでなにをしていたのか

 三菱自動車が2018年1月に発表したリリースによると、2017年1月から12月のグローバル販売台数は、前年の93万4000台から103万台に増加。総生産は2014年以来、3年ぶりの増加となっています。 そのV字回復の功労者は、海外市場に投入された新型車たちです。2014年にピックアップトラックの「トライトン」、2015年にミドルSUVの「パジェロスポーツ」(これはトライトンの乗用車バージョンとも呼べるもの)、そして2017年にインドネシア向けのMPV「エクスパンダー」が新型車として発売されています。

「トライトン」はアセアンで大人気ですし、「パジェロスポーツ」はロシアでの現地生産もスタートしました。また、「エクスパンダー」はインドネシアでベストセラーとなり、現地の「カー・オブ・ザ・イヤー」も獲得しています。日本国内向けの新型車はありませんでしたが、世界市場に向けて三菱自動車は新型車を投入していたのです。
《乗りものニュース》

特集

page top