三菱自は4年間でなにをなした? 新車「エクリプスクロス」発売前に業績回復の背景 | NewsCafe

三菱自は4年間でなにをなした? 新車「エクリプスクロス」発売前に業績回復の背景

車・乗り物 乗り物ニュース
2018年3月1日、日本市場では実に4年ぶりとなる三菱自動車の新型車「エクリプスクロス」(鈴木ケンイチ撮影)。
三菱自動車の「エクリプスクロス」は、4年ぶりに日本市場へ投入される新車です。ところが新車投入に先駆け、同社は業績を如実に伸ばしていました。その背景にはなにがあるのでしょうか。

4年も新車がないことはなにを意味する?

 三菱自動車から新型車「エクリプスクロス」が、2018年3月1日より発売されました。その前の三菱自動車の日本における新型車は、2014年2月の「eKスペース」ですから、なんと4年ぶりの新車です。

 少し前までは、「クルマは4年ごとに新型車にフルモデルチェンジする」というのが一般的。最近になってモデルチェンジのサイクルは長くなっていますが、それにしても4年も新型車がないとは、日本メーカーとして尋常ではありません。それだけ2016年に発覚した燃費不正問題が、三菱自動車に大きな痛手を与えたと言えるでしょう。 では、新型車のなかった4年間のあいだ、三菱自動車は何をしていたのでしょうか。クルマは、発表直後が一番に売れ、その後、徐々に売れなくなってゆく商品です。4年も新型車がないということは、売っている商品はどんどん古くなる一方。販売の現場は、相当に苦しいのではないかと想像するのが普通のところ。 ところが、本当のことを言えば、三菱自動車の業績は2017年からV字回復していたのです。2018年ではありません。新型車「エクリプスクロス」を投入する前の2017年から、三菱自動車の業績は回復基調にあるのです。
《乗りものニュース》

特集

page top