日本人に多いという「もやもや病」 いったいどういう病気? | NewsCafe

日本人に多いという「もやもや病」 いったいどういう病気?

健康・生活 もこすく
日本人に多いという「もやもや病」 いったいどういう病気?
執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師)
医療監修:株式会社とらうべ
シンガーソングライターの徳永英明さんは、2001年に「もやもや病」を発症したといいます。
翌年症状が落ち着いて歌手活動に復帰しましたが、2016年、もやもや病による脳梗塞発症予防のため手術をしました。
徳永さんのもやもや病との闘いは、この病気が一般の人に知られるきっかけとなりました。
もやもや病は、脳に血液を送る血管が徐々に詰まり、脳の血液不足や出血を起こす難病。
日本で最初に見つかった疾患です。
今回はこの「もやもや病」について、解説したいと思います。

もやもや病(ウィリス動脈輪閉塞症)とは


脳に血液を送っている血管には、それぞれ2本ずつの「内頚動脈(ないけいどうみゃく)」と「椎骨動脈(ついこつどうみゃく)」という計4本の太い動脈があります。
これらの動脈は心臓から出た大動脈から枝分かれし、首から頭へ上がってそれぞれ左右の大脳半球へと酸素や栄養を送っています。
《Mocosuku》

特集

page top