出生率1.44の現状を打開する方法、1つ2つの対策じゃ追いつかない⁉【パパママの本音調査】 Vol.238 | NewsCafe

出生率1.44の現状を打開する方法、1つ2つの対策じゃ追いつかない⁉【パパママの本音調査】 Vol.238

女性 ウーマンエキサイト/ライフスタイル

(c)buri - stock.adobe.com


日本の少子化はますます進んでいます。合計特殊出生率(1人の女性が生涯に産む子供の数)は1.44になり、出生数も2016年には97万6979人と100万人を割る状態になっています。政府は「希望出生率1.8」を目標にしているといいますが、そのためにはどんな対策が必要だと思うかをパパママ世代に聞いてみました。



Q.少子化、あなたが考える有効な対策は?
1.出産費用・児童医療費の無償化      23.3%
2.待機児童解消               5.5%
3.児童手当や税制優遇           24.3%
4.若年層の雇用安定            10.0%
5.長時間労働の抑制             4.2%
6.高等教育の無償化            12.6%
7.男性の育児休暇促進            2.1%

《ウーマンエキサイト》

特集

page top