ホークス8連敗でストップ 川島の起死回生3点アーチでサヨナラ勝利 | NewsCafe

ホークス8連敗でストップ 川島の起死回生3点アーチでサヨナラ勝利

スポーツ フルカウント

中日とのオープン戦に先発したソフトバンク・東浜巨【写真:(C)PLM】
■先発・東浜は不安な内容も、後半に打線が爆発

 ソフトバンクがついに連敗を脱出した。20日、本拠地ヤフオクドームで行われた中日とのオープン戦。先発の東浜巨投手が6回を投げて5点を失ったが、打線が反撃して9回に逆転サヨナラ勝ち。引き分けを挟んでの連敗を8で止め、3月4日の阪神戦(ヤフオクD)以来の勝利を飾った。

 東浜は3回に大島に先制のソロ本塁打を浴びると、5回には内野安打と四球、死球で満塁のピンチを招き、アルモンテに満塁弾を被弾。6回4安打4四死球5失点と、シーズンに向けて不安を残す投球となった。

 打線も、5回までは中日先発ガルシアの前に7個の三振を喫してゼロ行進。6回に今宮、川島、柳田の3連打で2点を返すと、7回には内川がオープン戦初安打となる2ランをを放ち、1点差まで追い上げた。すると、9回には先頭の中村晃が同点ソロ。なおも、2死二、三塁のチャンスを掴むと、最後は川島が起死回生のサヨナラ3ランを放ち、試合を決めた。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)
《Full-count》

特集

page top