NHK「あさイチ」が紹介した「受動喫煙被害」にさまざまな意見 | NewsCafe

NHK「あさイチ」が紹介した「受動喫煙被害」にさまざまな意見

社会 まいじつ/society
NHK「あさイチ」が紹介した「受動喫煙被害」にさまざまな意見

3月19日放送された朝の情報番組『あさイチ』(NHK)は、『受動喫煙 こんなに深刻だった!』と題して、受動喫煙がもたらす健康被害について取り上げた。厚生労働省が発表した『喫煙と健康』という報告書によると、現在、推計で年間1万5000人が受動喫煙によって亡くなっているという。


【関連】 秋田県に対する「クマ殺し過ぎ」という批判の是非 ほか

番組では喫煙者が自分でたばこの煙を吸い込む『一次喫煙』、喫煙者が吐き出した煙を間接的に吸い込む『二次喫煙』に加えて、実際には喫煙者がいないのに喫煙の現場にいた人が帰宅後、家族に被害をもたらす『三次喫煙』が紹介されると、出演者一同、驚きを隠せない様子が放送された。


《まいじつ》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top