至学館大学学長会見が「パワハラの見本」だと話題に | NewsCafe

至学館大学学長会見が「パワハラの見本」だと話題に

芸能 まいじつ/entertainment

至学館大学学長会見が「パワハラの見本」だと話題に

レスリングの伊調馨選手へのパワハラ告発問題で、加害者といわれている栄和人監督が所属する至学館大学(愛知県大府市)の谷岡郁子学長が3月15日、告発内容へ反論するために記者会見を開いた。


練習場が定まっていないという伊調選手に対し、谷岡学長は「もし母校である至学館で練習する必要があるなら、わたしたちはいつでも歓迎である旨は申しました。栄監督が率いるレスリングチームの道場は彼個人のものではない。わたしが『使わせる』と言えば、伊調馨さんはいつでも使うことができます」と寛容な姿勢を見せたあと、「その程度のパワーしかない人間なんです、栄和人は。パワーのない人間によるパワハラが一体どういうものであるか、わたしには分かりません」と栄氏をかばい、問題になっているパワハラそのものを否定した。


さらに「そもそも伊調馨さんは選手なんですか? そもそも彼女は東京五輪をめざしているのですか?」と伊調選手を現役ではないかのような物言いをした。その理由について「リオ五輪後、『これからのことは空白だ』という旨を彼女は言っていました。『東京五輪を目指すか分からない、しばらく休みたい』と言ったまま、その考えを変えたことをわたしどもは全く知らないからです。(所属の)アルソックでは今年1月、選手契約から社員としての契約に変わっています。日本レスリング協会でも『広報部に配属されました』とあいさつに見えたと聞いています」と言い、「選手でない人、五輪を目指すはずがない人の5連覇を阻止するということが、存在できるでしょうか。明らかに協会の大スポンサーでもあるアルソックに所属する人の練習場所を抑えて回るほどのパワーが、栄監督にあるでしょうか」と伊調選手を貶めるような格好でパワハラはないと主張した。


《まいじつ》

特集

page top