シャンパンとスパークリングワインの違い、知ってる? | NewsCafe

シャンパンとスパークリングワインの違い、知ってる?

グルメ オリーブオイルをひとまわし
シャンパンとスパークリングワインの違い、知ってる?

オリジナルサイトで読む >

シャンパンとスパークリングワインの違い、知ってる?

ゴールドの液体の中を無数の泡が輝きながら立ち昇る様子が何とも言えず美しいシャンパン。披露宴や祝賀会ではお馴染みのお酒だが、スパークリングワインとは何が違うのだろう?今回は、シャンパンとスパークリングワインの違いについて解説する。デートやパーティーで語ったらモテるかも!?

1. スパークリングワインとは?

二酸化炭素を多く含む発泡性ワイン

スパークリングワインは二酸化炭素を多く含むワインで、別名を「発泡性ワイン」と言う。赤ワインや白ワインと同じくワインの一種に属するが、当然ながら炭酸の含まれていない通常のワインとは口当たりや飲むタイミングなど異なる点が多い。フランスやスペイン、イタリアなどのヨーロッパ諸国のほか、オーストラリアでも生産されている。また、国内では北海道や山梨県などで作られている。

いろいろな製造方法

シャンパーニュ方式(トラディショナル方式)
《オリーブオイルをひとまわし編集部》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top