【おひとりさま激辛グルメ】渋谷「辛麺屋 一輪」に行ってみたら… | NewsCafe

【おひとりさま激辛グルメ】渋谷「辛麺屋 一輪」に行ってみたら…

誰に断ることもなく、勝手にシリーズ化してみました。辛いものってダメな人はダメだけど、好きな人はとことん好きでよね(私は相当好きなほうです)。不定期掲載になるかと思いますが、「これだ!」という辛いものに出会ったとき、ご紹介させていただきます。辛いものはひとりで食べるに限る!それに私、辛いものこそ、ひとりで食べるほうがいいと思うんです。以前も書いた気がしますが、自分と辛さレベルが同じ人ならいいのですが、タイ料理や韓国料理を食べに行き、店員に「辛さはどうしますか」と聞かれ、「あまり辛くしないでください」とこちらの相談もなく答える人や、火鍋屋に行って「このままだとすごく辛すぎて食べられないよね」などと言って、トウガラシを勝手に抜きはじめる人がいたときのがっかり感。勘弁してほしい……。だったらひとりで食べたほうがよくないですか?ひとりで辛いものとなると、どうしても麺類、ご飯ものが多くなりますが、自分で辛さを調節できる喜びには代えがたい! それに、麺類&ご飯もの、おいしいですから! 気軽にいただけるし! そんなわけで、今回、おとなの辛いもの好きにおすすめの、しかも女性ひとりでも入りやすい店を見つけてきたので、ぜひご紹介させていただきます。宮崎のご当地グルメ、「辛麺」を知っていますか?今回紹介する辛麺屋 一輪の「辛麺」「辛麺」ってご存知ですか。宮崎県延岡市発祥の(と言われる)ご当地グルメで、宮崎県全域でポピュラーな存在です。何年か前に、仕事で宮崎に行ったとき、「辛麺」の看板やのぼりをなんども目にしました。で、実食してみたところ、これ、まさに名前の通り汁が唐辛子で真っ赤な汁麺だったのです。宮崎ではお酒のしめとしてよく食べられるそうで、唐辛子の効いた赤いスープに、挽肉、ニラ、溶き卵、ニンニクなどの具材(内容は店によって異なります)がイン。麺はもちもちの「こんにゃく麺」を使うのが特徴です。どろっとした辛みではなく、すっきりとした辛みは、ほかの辛い系の麺類にはない、独自路線。なるほどたしかにお酒の後に良さそうです。以前、宮崎で食べた「辛麺」こんにゃく麺といっても、実際にこんにゃくを使っているわけではなく、そば粉と小麦粉で練ってコシを強くした麺がこんにゃくの食感に似ていることから、そう呼ばれるようになったのだとか。もちろん、店によってスープや麺などに個性があり、また、うどん、中華麺などが選択できたり、辛さが選べるのが、「辛麺」界のジョーシキなんですって。前置きが長くなりましたが、この「辛麺」、一般的なラーメンに比べ、カロリーが低いのがうれしいところ。でも東京では「辛麺」の専門店なんてないよね、あきらめていたのですが、発見しちゃいましたよ!ヘルシーな「辛麺」、東京でも食べられます!「辛麺屋 一輪」は、2017年3月に目黒に都内1号店をオープン。その後、1年の間に、渋谷、池袋にも新たな店舗を開店させています。すごい勢いです。今回、足を運んだのは渋谷店。渋谷駅から徒歩7分くらいでしょうか。渋谷区東──明治通りを恵比寿方面に歩いた途中に店舗があるのですが、「ご当地グルメ」「辛い麺」というイメージをいい意味で裏切るおしゃれでキレイなお店にまず驚かされます。危うく通りすぎそうになるくらい! しかし、入り口横の唐辛子のディスプレイが、ここが「辛麺」の店であることを雄弁に語っています。カフェのような雰囲気の店内はカウンター席中心。おひとりさま初心者にもハードルが低いはず。オーダーは食券制です。「トマト辛麺」(900円)、「パクチー辛麺」(990円)など気になるメニューがありますが、まずはオーソドックスな「辛麺」(850円)をオーダーしてみました。辛さは、26段階から選択可能(+0~200円、6以上は追加料金)。それでも物足りないという人には「マグマ」(+250円)が、さらに、「マグマ」をクリアした人のための、「とんでもねぇ」も用意されています。麺は、「辛麺」の店のスタンダートともいえる、こんにゃく麺、中華麺、うどんがラインナップ。スープに入れて雑炊風に楽しむ、ごはんという選択肢もありました。今回は初回ということで、「辛さ10」を選択。このあたりでお手並み拝見としましょう。唐辛子が溶けたスープが色鮮やか。これは美味しそうです。「マグマ」「とんでもねぇ」にもぜひ挑戦したい辛さの説明はなかなか難しいのですが(人によって感覚が違いますからね)、鶏ガラベースのスープに何種類かの唐辛子を入れていて、どろっとしていなくてさっぱりした辛み。以前、私が宮崎で食べた店のスープよりもすっきりしている印象です。辛いことは辛いのですが、ベースとなるスープの旨みも感じられて、旨辛なんですよね。ぷりっとした、こんにゃく麺も食欲をそそります。近くに店があったら通い詰めること間違いなし。清潔感ある、入りやすい店舗に加え、いろいろな選択肢があるのがうれしいです。雑炊も気になるなー。そして、「マグマ」以上にもチャレンジしてみたい! 夢は広がります。辛さ0(ゼロ)も選択できるし、「トマト辛麺」は、辛みが抑えられてまろやかになるとか。辛いものが苦手という人にもおすすめ。って辛いものが苦手な人はそもそもこの記事を読んでいない気もしますが。ちなみに、唐辛子に含まれるカプサイシンはアドレナリン分泌による発汗作用や脂肪燃焼の促進効果があるといわれています。辛くておいしいだけでなくヘルシー、なんて偉い!なお、3月31日(土)まで&渋谷店の限定メニューですが、新鮮なハナビラタケをたっぷりトッピングした「はな美辛麺」(1,280円)も登場しています。見た目インパクトあるでしょ。ハナビラタケのコリっとした食感がク後をひき、豆乳を使ったエスプーマと、唐辛子が入ったスープとの相性も◎。これ、レギュラー化してくれればいいのにー。辛麺屋一輪 渋谷店

グルメ OTONA_SALONE/FOOD
【おひとりさま激辛グルメ】渋谷「辛麺屋 一輪」に行ってみたら…

誰に断ることもなく、勝手にシリーズ化してみました。辛いものってダメな人はダメだけど、好きな人はとことん好きでよね(私は相当好きなほうです)。不定期掲載になるかと思いますが、「これだ!」という辛いものに出会ったとき、ご紹介させていただきます。

辛いものはひとりで食べるに限る!

それに私、辛いものこそ、ひとりで食べるほうがいいと思うんです。以前も書いた気がしますが、自分と辛さレベルが同じ人ならいいのですが、タイ料理や韓国料理を食べに行き、店員に「辛さはどうしますか」と聞かれ、「あまり辛くしないでください」とこちらの相談もなく答える人や、火鍋屋に行って「このままだとすごく辛すぎて食べられないよね」などと言って、トウガラシを勝手に抜きはじめる人がいたときのがっかり感。勘弁してほしい……。だったらひとりで食べたほうがよくないですか?

ひとりで辛いものとなると、どうしても麺類、ご飯ものが多くなりますが、自分で辛さを調節できる喜びには代えがたい! それに、麺類&ご飯もの、おいしいですから! 気軽にいただけるし! そんなわけで、今回、おとなの辛いもの好きにおすすめの、しかも女性ひとりでも入りやすい店を見つけてきたので、ぜひご紹介させていただきます。

宮崎のご当地グルメ、「辛麺」を知っていますか?

今回紹介する辛麺屋 一輪の「辛麺」

「辛麺」ってご存知ですか。宮崎県延岡市発祥の(と言われる)ご当地グルメで、宮崎県全域でポピュラーな存在です。何年か前に、仕事で宮崎に行ったとき、「辛麺」の看板やのぼりをなんども目にしました。で、実食してみたところ、これ、まさに名前の通り汁が唐辛子で真っ赤な汁麺だったのです。宮崎ではお酒のしめとしてよく食べられるそうで、唐辛子の効いた赤いスープに、挽肉、ニラ、溶き卵、ニンニクなどの具材(内容は店によって異なります)がイン。麺はもちもちの「こんにゃく麺」を使うのが特徴です。どろっとした辛みではなく、すっきりとした辛みは、ほかの辛い系の麺類にはない、独自路線。なるほどたしかにお酒の後に良さそうです。

以前、宮崎で食べた「辛麺」

こんにゃく麺といっても、実際にこんにゃくを使っているわけではなく、そば粉と小麦粉で練ってコシを強くした麺がこんにゃくの食感に似ていることから、そう呼ばれるようになったのだとか。もちろん、店によってスープや麺などに個性があり、また、うどん、中華麺などが選択できたり、辛さが選べるのが、「辛麺」界のジョーシキなんですって。前置きが長くなりましたが、この「辛麺」、一般的なラーメンに比べ、カロリーが低いのがうれしいところ。でも東京では「辛麺」の専門店なんてないよね、あきらめていたのですが、発見しちゃいましたよ!

ヘルシーな「辛麺」、東京でも食べられます!

「辛麺屋 一輪」は、2017年3月に目黒に都内1号店をオープン。その後、1年の間に、渋谷、池袋にも新たな店舗を開店させています。すごい勢いです。

今回、足を運んだのは渋谷店。渋谷駅から徒歩7分くらいでしょうか。渋谷区東──明治通りを恵比寿方面に歩いた途中に店舗があるのですが、「ご当地グルメ」「辛い麺」というイメージをいい意味で裏切るおしゃれでキレイなお店にまず驚かされます。危うく通りすぎそうになるくらい! しかし、入り口横の唐辛子のディスプレイが、ここが「辛麺」の店であることを雄弁に語っています。

カフェのような雰囲気の店内はカウンター席中心。おひとりさま初心者にもハードルが低いはず。

オーダーは食券制です。「トマト辛麺」(900円)、「パクチー辛麺」(990円)など気になるメニューがありますが、まずはオーソドックスな「辛麺」(850円)をオーダーしてみました。

辛さは、26段階から選択可能(+0~200円、6以上は追加料金)。それでも物足りないという人には「マグマ」(+250円)が、さらに、「マグマ」をクリアした人のための、「とんでもねぇ」も用意されています。麺は、「辛麺」の店のスタンダートともいえる、こんにゃく麺、中華麺、うどんがラインナップ。スープに入れて雑炊風に楽しむ、ごはんという選択肢もありました。

今回は初回ということで、「辛さ10」を選択。このあたりでお手並み拝見としましょう。唐辛子が溶けたスープが色鮮やか。これは美味しそうです。

「マグマ」「とんでもねぇ」にもぜひ挑戦したい

辛さの説明はなかなか難しいのですが(人によって感覚が違いますからね)、鶏ガラベースのスープに何種類かの唐辛子を入れていて、どろっとしていなくてさっぱりした辛み。以前、私が宮崎で食べた店のスープよりもすっきりしている印象です。辛いことは辛いのですが、ベースとなるスープの旨みも感じられて、旨辛なんですよね。ぷりっとした、こんにゃく麺も食欲をそそります。

近くに店があったら通い詰めること間違いなし。清潔感ある、入りやすい店舗に加え、いろいろな選択肢があるのがうれしいです。雑炊も気になるなー。そして、「マグマ」以上にもチャレンジしてみたい! 夢は広がります。

辛さ0(ゼロ)も選択できるし、「トマト辛麺」は、辛みが抑えられてまろやかになるとか。辛いものが苦手という人にもおすすめ。って辛いものが苦手な人はそもそもこの記事を読んでいない気もしますが。

ちなみに、唐辛子に含まれるカプサイシンはアドレナリン分泌による発汗作用や脂肪燃焼の促進効果があるといわれています。辛くておいしいだけでなくヘルシー、なんて偉い!

なお、3月31日(土)まで&渋谷店の限定メニューですが、新鮮なハナビラタケをたっぷりトッピングした「はな美辛麺」(1,280円)も登場しています。見た目インパクトあるでしょ。ハナビラタケのコリっとした食感がク後をひき、豆乳を使ったエスプーマと、唐辛子が入ったスープとの相性も◎。これ、レギュラー化してくれればいいのにー。

辛麺屋一輪 渋谷店

《独女快楽ライフ研究家、ライフスタイルジャーナリスト/長谷川あや》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top