エマ・ストーン、性の格差をはね返す “女と男の戦い”へ『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』7月6日公開 | NewsCafe

エマ・ストーン、性の格差をはね返す “女と男の戦い”へ『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』7月6日公開

『ラ・ラ・ランド』でアカデミー賞女優となったエマ・ストーンが“伝説のテニスの女王”になりきり、第75回ゴールデン・グローブ賞ノミネートされた『Battle of the Sexes』が、『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』として7月6日(金)より日本公開されることが決定した

芸能 シネマカフェ/映画/洋画ニュース
『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』ポスタービジュアル (C)2018 Twentieth Century Fox
  • 『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』ポスタービジュアル (C)2018 Twentieth Century Fox
  • エマ・ストーン-(C)Getty Images
『ラ・ラ・ランド』でアカデミー賞女優となったエマ・ストーンが“伝説のテニスの女王”になりきり、第75回ゴールデン・グローブ賞ノミネートされた『Battle of the Sexes』が、『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』として7月6日(金)より日本公開されることが決定した。

アカデミー賞受賞『スラムドック$ミリオネア』の製作チームが再集結した本作。描かれるのは、女子・現テニス世界チャンピオン・29歳vs男子・元世界チャンピオン・55歳の対決という、全世界が息をのんだ “女と男の戦い”。果たして勝者はどちらか? そして、この戦いの本当の目的とは――?

監督は、作品賞を始めアカデミー賞4部門にノミネートされた『リトル・ミス・サンシャイン』のジョナサン・デイトン&ヴァレリー・ファリスのコンビ。1970年代当時の女子テニス世界チャピオン、ビリー・ジーンには世界中から愛されて大ヒットとなった『ラ・ラ・ランド』で見事オスカーに輝いたエマ・ストーン、その対戦相手となる男子テニスの元世界チャンピオン、ボビー・リッグスには『フォックスキャッチャー』で同賞にノミネートされたスティーブ・カレル。
《text:cinemacafe.net》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top