【高校受験2018】大阪府公立高入試<数学>講評…B・Cともに易化 | NewsCafe

【高校受験2018】大阪府公立高入試<数学>講評…B・Cともに易化

子育て・教育 リセマム/教育・受験/中学生
2018年度大阪府公立高校入試<数学>講評
  • 2018年度大阪府公立高校入試<数学>講評
  • 2018年度大阪府公立高校入試<数学>講評 数学Cの予想合格点(90点満点)※TOP10高受験者のみ
 平成30年3月12日(月)、平成30年度(2018年度)大阪府公立高等学校入学者選抜のうち、一般入学者選抜の学力検査が実施された。リセマムでは、開成教育グループの協力を得て、「数学」の講評を掲載する。このほかの教科(全5教科)についても、同様に掲載する。

◆大阪府<数学>講評(開成教育グループ 提供)

<数学C>
 昨年度より易化。例年に比べても比較的取り組みやすい部類に入る。

 過去問練習を通じて、今までの傾向を把握しつつ練習できている生徒にとっては、見通しの立てやすい問題が多かった。大問1は小問集合と関数、大問2は平面図形、大問3は空間図形と例年通りの配列であった。大問数3題、小問数17題は昨年と同じである。

 記述については例年通り2問。相似の証明と関数での求め方記述と、これまでの内容を踏襲している。例年に比べ、複雑な計算・処理を要する問題がなく、問題の解法を見抜けた生徒は高得点が期待できる。ただし、大阪府のこれまでの傾向と同様、図形の問題設定には工夫を凝らして作成され、問題集では多く見かけないタイプのため、ポイントを見抜けたかどうかで差がつくものと考えられる。文理学科設置校の場合、90点満点中7割を確保したい問題であるが、ボーダーラインは6割前後であると推測される。
《編集部》

特集

page top