故・星野仙一氏が見つけた楽天2次キャンプ地・金武町 | NewsCafe

故・星野仙一氏が見つけた楽天2次キャンプ地・金武町

スポーツ ニュース
今年から楽天の2次キャンプ地となった金武町ベースボールスタジアム【写真:広尾晃】
■今年から正式に楽天のキャンプ地となった沖縄・金武町

 東北楽天ゴールデンイーグルスは、創設以来、沖縄県久米島でキャンプを行ってきたが、2012年から沖縄本島の金武町(きんちょう)でも練習を行ってきた。これまでは、金武町での練習はキャンプと呼んでいなかったが、今年から2次キャンプとなった。

 金武町は沖縄県中央部の東海岸に面している、現在のNPBの沖縄本島キャンプの多くは、西海岸に面しているが、阪神の宜野座村のキャンプと、楽天の金武町2次キャンプだけが東海岸に面している。宜野座村と金武町は隣接した自治体だ。

 那覇市からは直通の路線バスが出ているが、2時間以上かかる。レンタカーを利用するのが良いだろう。

 金武町ベースボールスタジアムは2012年に完成したが、今年1月に死去した星野仙一氏が、楽天監督時代、球場完成前から使用を申し入れていたという経緯がある。スタジアムの玄関には、星野氏の「77」の背番号のユニフォームが飾られている。
《Full-count》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top