都市伝説?コピー機の紙詰まり解消が犯罪を減少させた?! | NewsCafe

都市伝説?コピー機の紙詰まり解消が犯罪を減少させた?!

海外 ニュース
風が吹けば桶屋が儲かるなどと言われるように、一見なんの関係もないような事象が、実は繋がっていた、ということはよくある。もちろん、全く関係のないことを無理やり繋ぎ合わせたと言われることも多いが、今回ご紹介するのは、コピーの紙詰まりがなくなったことで犯罪が減少したというお話。さてこれは本当に繋がっているのか、それとも単なるこじつけか?

ーコピー機の紙詰まり解消が世界を救う!

コピー機の紙詰まりと犯罪を結び付けて主張しているのは、コピー機会社で有名なゼロックス。

日本では富士ゼロックスというゼロックスと富士フィルムホールディングスとの合弁会社によりその名を知っている人も多いだろう。コピーすることを「ゼロックスする」というくらいにコピー機といえばゼロックスだった時代があった。

そのゼロックスのエンジニア達が「90年代中盤にシカゴの犯罪率を下げたのは私たちです!」と主張しているのだ。
《秒刊SUNDAY》

特集

page top