【インタビュー】『愛の渦』池松壮亮×門脇麦 大胆セックスシーンによる“裸の共犯関係” | NewsCafe

【インタビュー】『愛の渦』池松壮亮×門脇麦 大胆セックスシーンによる“裸の共犯関係”

もはや“あの『ラストサムライ』の少年”という枕詞は過去のものと言えるだろう。ここ数年、TVにドラマに舞台にと目覚ましい活躍を見せる池松壮亮。そして“思わず吸い寄せられて、目が離せない”という形容が…

芸能 シネマカフェ/最新ニュース/インタビュー
池松壮亮×門脇麦『愛の渦』/PHOTO:Naoki Kurozu
  • 池松壮亮×門脇麦『愛の渦』/PHOTO:Naoki Kurozu
  • 池松壮亮×門脇麦『愛の渦』/PHOTO:Naoki Kurozu
  • 『愛の渦』- (C)2014映画「愛の渦」製作委員会
  • 門脇麦『愛の渦』/PHOTO:Naoki Kurozu
  • 池松壮亮『愛の渦』/PHOTO:Naoki Kurozu
  • 『愛の渦』- (C)2014映画「愛の渦」製作委員会
  • 池松壮亮×門脇麦『愛の渦』/PHOTO:Naoki Kurozu
  • 池松壮亮×門脇麦『愛の渦』/PHOTO:Naoki Kurozu
もはや“あの『ラストサムライ』の少年”という枕詞は過去のものと言えるだろう。ここ数年、TVにドラマに舞台にと目覚ましい活躍を見せる池松壮亮。そして“思わず吸い寄せられて、目が離せない”という形容がぴったりの独特の存在感と可憐さを共存させ、CMや映画が瞬く間に話題を呼び、間違いなく“ブレイク予備軍”の先頭にいる門脇麦。そんな注目株の若き2人がすごいことになっている。大胆に脱ぎ、さらけ出し、交わる! それが映画『愛の渦』である。

三浦大輔監督がかつて、舞台作品として自ら主宰する劇団で上演し、岸田國士戯曲賞を受賞した作品を自身の手で映画化。セックスのためだけにマンションの一室に集った男女が相手を変え、やり方を変え、体を重ねるさまを通じて、人間の本能を描き出したと言える本作。池松さんは、親の仕送りを使ってまでこの乱交パーティに参加するニートの青年、門脇さんは地味で清楚に見えて、実は性欲の強い女子大生を演じている。
《photo / text:Naoki Kurozu》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top