橋本愛、門脇麦&成田凌と山内マリコ『ここは退屈迎えに来て』映画化!「ダブルで夢叶って嬉しかった」 | NewsCafe

橋本愛、門脇麦&成田凌と山内マリコ『ここは退屈迎えに来て』映画化!「ダブルで夢叶って嬉しかった」

芸能 シネマカフェ/映画/邦画ニュース

『ここは退屈迎えに来て』(C) 2018「ここは退屈迎えに来て」製作委員会
  • 『ここは退屈迎えに来て』(C) 2018「ここは退屈迎えに来て」製作委員会
  • 山内マリコ「ここは退屈迎えに来て」(幻冬舎文庫)
女優・橋本愛が、山内マリコ原作の映画『ここは退屈迎えに来て』にて主演を務めることが決定。また門脇麦と成田凌も出演していることが明らかになった。

ストーリー
何者かになりたくて東京で就職したものの、10年経って何となく地元に戻った27歳の「私」(橋本愛)。実家に住みながらフリーライターとしてタウン誌で記事を書いているけれど、親からはフリーター同然の扱いで、何だか冴えない日々。高校時代に仲の良かった友だちと久々に会った勢いで「とにかく格好良くって、背が高くって、サッカー部のエースで、不良とも適度に仲がいい」憧れの椎名くん(成田凌)に連絡し、みんなで会いに行くことに。道中、「私」の中に椎名くんとの高校時代の忘れられない思い出が蘇る――。

元彼「椎名」を忘れられない、東京に憧れと怖さを持ちながら地元を出ないまま暮らす「あたし」(門脇麦)。椎名がいなくなった途端に彼氏面してくる、椎名の取り巻きの中でも特に冴えない男と、断る方が面倒くさいから適当に遊んでいるけれど、心は彼といたときの青春の輝かしい記憶にいまもとらわれている。ここではないどこか――東京には「あるはずの」、自らの退屈を埋めてくれる何かを「椎名くん」に追い求めたその先には? 「椎名くん」の大人になった姿とは…? 
《cinemacafe.net》

特集

page top