ただ座るだけじゃない。バランスボールを使った簡単な筋トレのやり方 | NewsCafe

ただ座るだけじゃない。バランスボールを使った簡単な筋トレのやり方

体幹を鍛えて身体のゆがみを解消するバランスボールは、いろんな人から愛用されている健康グッズです。持っている人も多いのではないでしょうか?バランスボールはただ座って過ごすだけでも十分な効果がありますが、それ以外にも筋トレやダイエット目的で使うこともできま…

健康・生活 カラダにキクサプリ
ただ座るだけじゃない。バランスボールを使った簡単な筋トレのやり方
体幹を鍛えて身体のゆがみを解消するバランスボールは、いろんな人から愛用されている健康グッズです。持っている人も多いのではないでしょうか?バランスボールはただ座って過ごすだけでも十分な効果がありますが、それ以外にも筋トレやダイエット目的で使うこともできます。この記事では、バランスボールの座る以外での使い方についてご紹介していきます。

腹斜筋を鍛えるボールサイドレッグリフト
バランスボールを足で持ち上げる運動が、ボールサイドレッグリフトです。やり方は次の通り。





横向きに寝そべった状態で、下になっている腕を頭の方へ伸ばす
上になっている手を床につき、バランスを取る
両足ではさむようにして、バランスボールを足で持つ
腹筋に力を入れて床からボールを持ち上げ、その状態で3回呼吸
足を元の位置に戻す



左側を下にして行ったなら、次は右側を下にして行いましょう。左右対称にこの動作を繰り返すことで、「腹斜筋」というお腹の筋肉を鍛えることができます。腹斜筋はお腹から脇腹のあたりにかけて存在する筋肉で、鍛えるとくびれのラインにメリハリがつきます。腹斜筋はダンスなどで発達する筋肉です。

腹筋を鍛えるボールプランク
プランクは「フロントブリッジ」とも呼ばれる筋トレメニューです。うつ伏せの状態から腕とつま先で身体を宙に浮かせて、腹筋を鍛えるのがプランクの目的。もしプランクがキツイと感じるなら、バランスボールを使った「ボールプランク」にチャレンジしてみましょう。





バランスボールの上にお腹を乗せ、うつ伏せの状態になる
両手で這いずるように前に進み、バランスボールの上に両足が来るようにする
(バランスボールの上に両足のすねが乗っているイメージ)
バランスボールと両手で身体を支えた状態になる
腹筋に力を入れて床からボールを持ち上げ、その状態で3回呼吸
お腹や背中がまっすぐに伸びているのを意識しながら、10秒間キープ



バランスボールの支えがあるため、身体は簡単に持ち上がります。ボールの上から両足が落ちたりズレたりしないよう、体幹を鍛えるトレーニングにもなりますよ。

腹筋を鍛えるボールクランチ>
筋トレメニューの「クランチ」を、バランスボールを利用して行う方法です。





両足を肩幅かそれより少し広めに開いてボールに座る
(膝は直角に曲げる)
両手で這いずるように前に進み、バランスボールの上に両足が来るようにする
(バランスボールの上に両足のすねが乗っているイメージ)
胸の前で腕組みしておく
膝の角度をキープしながらバランスボールの上に仰向けになる
息を吸いながら腕を床の方に向けて伸ばす
息を吐きながら状態を起こす



3~5を10回ほど繰り返してください。途中でバランスボールから落ちてしまったり、膝の角度が崩れて足が伸びたりしないように注意してくださいね。




writer:さじや
《サプリ》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top