ドラマBG「ありえない設定」に異論続出 | NewsCafe

ドラマBG「ありえない設定」に異論続出

社会 ニュース
ドラマBG「ありえない設定」に異論続出

木村拓哉が主演している連続ドラマ『BG~身辺警護人~』(テレビ朝日系)は、第4話までの平均視聴率が14.5%を記録している。一方、『嵐』の松本潤主演の『99.9-刑事専門弁護士-』(TBS系)は5話まで放送されており、全体の平均視聴率は16.6%だ。


【関連】 木村拓哉「BG~身辺警護人~」が復活の兆しに? ほか

「松本のドラマは、刑事専門の弁護士が検察や裁判所と対決する内容です。シリアス過ぎず、松本が適当で軽い弁護士を演じるところも人気がある要因です。それに対して木村のドラマは、いかにも木村らしい正義感の出てくるドラマで、見ていて飽きがくる印象です」(テレビ雑誌編集者)


BGはインターネット上に《キムタクかわいそう》という投稿があるぐらい内容が酷評されている。


《まいじつ》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top