犬が耳を後ろに倒しているときの心理とは? | NewsCafe

犬が耳を後ろに倒しているときの心理とは?

ビックリ ニュース

犬が耳を後ろに倒しているときの心理とは?
犬の体の部位は心理を知るヒントがいっぱい!


犬は人間の言葉が話せないため、その時どのような気持ちでいるのか心理を知ることは非常に難しいと思われがちです。事実、飼い主さんであっても「今の気持ちがわかればいいのに」と思ったことがある方もいるでしょう。


もちろん、人間同士でも同じ事が言えますが、犬の気持ちがすべてわかるとは言えません。しかし、漠然と「今どのように感じているのか」を知る方法はあります。それは犬のボディランゲージを理解することです。


ボディランゲージとは、犬の行動や仕草から、その時犬がどのような気持ちでいるのかを読み取る方法です。犬同士はボディランゲージによってコミュニケーションを取っているため、それを人間が理解することで、理解する前よりも段違いに心理を読み取ることができるようになるのです。


そんなボディランゲージには、犬の体の部位が関係していることがあります。有名なものであれば、尻尾を大きく振っているときは喜んでいるとき、という解釈があります。しかし、尻尾を振っているときであっても、どの程度振っているのか、また尻尾は下がり気味であるか上がり気味であるかなど、細かい部分を見極める事で意味が大きく変わってくることもあるのです。
《わんちゃんホンポ》

特集

page top