高梨沙羅銅メダル獲得の裏にあった「裏方との相性問題」 | NewsCafe

高梨沙羅銅メダル獲得の裏にあった「裏方との相性問題」

海外 ニュース

高梨沙羅銅メダル獲得の裏にあった「裏方との相性問題」

平昌五輪4日目の2月12日にスキージャンプ女子のノーマルヒルで高梨沙羅が銅メダルを獲得した。


【関連】 銅メダル獲得で「アンチ高梨沙羅」が沈黙!? ほか

「前回大会のソチ五輪でメダルに届かなかった悔しさを晴らしました。でも、今シーズンの高梨はまだ一度も優勝していません。そのため、昨季から12戦連続未勝利という自己ワースト記録を更新してしまいました」(スポーツ紙記者)


しかし、五輪のメダル獲得は成し遂げた。だがその裏側では“身内との戦い”が起こっていたという。


日本チームは、今シーズンから『ワックスマン』を代えている。日本チームは後任としてヨーロッパから敏腕ワックスマンを招聘した。これが高梨とは“合わない”のだという。


《まいじつ》

特集

page top