NGT48本間日陽、“同郷”平野歩夢の銀メダルを祝福「心から感動」 | NewsCafe

NGT48本間日陽、“同郷”平野歩夢の銀メダルを祝福「心から感動」

芸能 モデルプレス/ent/wide/show

本間日陽(C)AKS
【平野歩夢・本間日陽/モデルプレス=2月14日】平昌五輪は14日、スノーボード男子ハーフパイプ決勝が行われ、日本の平野歩夢(ひらの・あゆむ/19)がソチ五輪に続く2大会連続で銀メダルを獲得。平野と同じ新潟県村上市出身のNGT48メンバー・本間日陽(ほんま・ひなた/18)が祝福の言葉を送っている。

【さらに写真を見る】平昌五輪男子スノーボード・ハーフパイプメダリストが全員イケメン

4月11日にリリースされるNGT48の3rdシングル「春はどこから来るのか?」でセンターを務める本間は、平野と同じ新潟県村上市出身。

平野のメダル獲得を受け、「同じ新潟県村上市出身者として、私だけでなく家族みんな親戚一同で応援していましたので、自分のことのように嬉しいです。村上市だけでなく新潟県、そして日本全体を盛り上げてくれた平野選手の活躍、心から感動しました」と祝福のコメント。

競技はNGT48メンバーも見ていたそうで、「いつもは騒がしいメンバーも、ずっと静かに緊張しながら画面を見つめていました。そして、メダル獲得の瞬間は、みんなで叫んで大喜びしました」と語り、「活動する場所は違いますが、私たちも表舞台に立つまでの日々の努力を大切にしていこうとあらためて確認することができました。その後のレッスンにも、いつも以上に気合いが入りました」と刺激を受けたことを明かしている。(modelpress編集部)
《モデルプレス》

特集

page top