大きな意味持つ“捕手復帰” 「4割打者」ハム近藤、紅白戦で2年ぶりマスク | NewsCafe

大きな意味持つ“捕手復帰” 「4割打者」ハム近藤、紅白戦で2年ぶりマスク

スポーツ ニュース
日本ハム・近藤健介【写真:石川加奈子】
■4割の打撃は進化を狙う「新たな自分に合ったいい感覚で」

 日本ハムの近藤健介捕手が12日(日本時間13日)、紅白戦に「3番・捕手」で先発した。昨季出場の57試合はDHか外野手での出場で、2016年以来2年ぶりのマスク。「まだまだ1軍で出られるレベルではない」と辛口の自己評価だったが、慣れ親しんだポジションに就き、打席でも3打数2安打の活躍で充実の表情を浮かべた。

 新外国人投手ロドリゲスの球を受けた近藤は「久々の感覚」と振り返る。腰の故障でシーズンの約半分で戦列を離れた昨季は、捕手としての出場はなし。「やっぱりすべてにおいて、キャッチングにしろ、ブロッキングにしろ、スローイングにしろ、そこが全然忘れている」と話す。

「またゼロからだと思う。2年やっていないので、そこを1つ1つクリアしていかないといけないと思います」と課題を掲げる近藤と同様、栗山英樹監督はこの日、松本剛を2年ぶりに二塁で起用。指揮官は「渋滞しているポジションがあって、優勝するんだったら重なる戦力が使えないようでは」と、チーム編成の可能性に幅を持たせるために「何ができるのか、いろいろやっていきたい」とした。
《Full-count》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top