ジャニーズの実力派俳優・長谷川純、瀧本美織と“運命の恋”<越路吹雪物語> | NewsCafe

ジャニーズの実力派俳優・長谷川純、瀧本美織と“運命の恋”<越路吹雪物語>

芸能 モデルプレス/ent/wide/show

長谷川純、瀧本美織(C)テレビ朝日
【長谷川純/モデルプレス=2月14日】ジャニーズ事務所所属の俳優・長谷川純が、テレビ朝日系帯ドラマ劇場「越路吹雪物語」(毎週月~金曜ひる12:30~12:50)に出演決定。ヒロイン・越路吹雪が寄り添い続けた最愛の夫・内藤法美(ないとうつねみ)の青年期役を演じることがわかった。

大地真央、瀧本美織の“男装”を絶賛「宝塚に入ればよかったのに」<越路吹雪物語>

今作は、昭和の歌姫・越路吹雪、本名・河野美保子、愛称“コーちゃん”がたどった波乱万丈の人生と、盟友の作詞家・岩谷時子との濃密な友情を描くドラマ。

現在、女優の瀧本美織が宝塚のスターとして花開いた越路吹雪を演じているが、越路はその後、新たな世界を求めて宝塚を退団。映画、ミュージカル、リサイタルなどで活躍し、国民的大スターに成長。いくつかの恋を経て、内藤と運命の出会いを果たす。

内藤は作曲家、編曲家、ピアニストとして活躍した音楽家で、ラテンバンド「東京キューバン・ボーイズ」時代に越路と出会って愛を育み、1959年結婚。彼女が1980年に他界するまで、リサイタルの構成や編曲、指揮などを手がけ、マネージャー・岩谷時子と共に越路を支え続けた人物。
《モデルプレス》

特集

page top