瀬戸康史、“お姫様姿”が話題 可愛すぎて原作者・東村アキコ氏も興奮<海月姫> | NewsCafe

瀬戸康史、“お姫様姿”が話題 可愛すぎて原作者・東村アキコ氏も興奮<海月姫>

芸能 モデルプレス/ent/wide/show

瀬戸康史/「海月姫」第5話より(C)フジテレビ
【瀬戸康史/モデルプレス=2月13日】女優の芳根京子が主演を務めるフジテレビ系月9ドラマ『海月姫』(毎週よる9時~※この日は15分拡大)の第5話が12日に放送され、瀬戸康史演じる“女装美男子”・鯉淵蔵之介のドレス姿が話題に。原作者の漫画家・東村アキコ氏も絶賛のコメントを寄せた。

【さらに写真を見る】瀬戸康史、可愛すぎる“お姫様姿”にファンも原作者も興奮

◆瀬戸康史“クラゲのお姫様”に

同作はクラゲを愛しすぎてしまった筋金入りの “クラゲオタク女子”・倉下月海(芳根)が、自分には一生縁がないと思っていた恋を知り、複雑な三角関係に巻き込まれながら新しい自分を見つけていく“シンデレラ・コメディー”。

第5話では、月海らオタク女子 “尼~ず”が暮らすアパート「天水館」を取り壊しから救おうと、蔵之介が手作りの“クラゲドレス”ファッションショーを行うことを提案。

蔵之介は “尼~ず”のまやや(内田理央)とともに、モデルを務めることとなった。
《モデルプレス》

特集

page top