ジジ・ハディッド、病名を告白「痩せすぎ」の声に言及 | NewsCafe

ジジ・ハディッド、病名を告白「痩せすぎ」の声に言及

芸能 モデルプレス/ent/world/wide/show

ジジ・ハディッド/Photo by Getty Images
【ジジ・ハディッド/モデルプレス=2月13日】スーパーモデルのジジ・ハディッド(22)が、自身の体型について一部で「痩せすぎ」などの声が上がっていることについて12日付のTwitterで言及。持病について告白した。

【さらに写真を見る】「痩せすぎ」と指摘されたジジ・ハディッド、持病を告白/今年1月の来日の模様

◆ジジ・ハディッド、橋本病を患っていた

ジジは、「私の体型がここ何年間で変わったことを指摘する人たちへ。私が17歳でモデルの仕事を始めた時はまだ橋本病と診断されていなかったと知らないのでしょう。この病気による炎症やむくみのために『モデルとしてはからだが大きすぎる』と言われていた」と橋本病を患っていることを打ち明けた。

橋本病は、慢性甲状腺炎ともいわれ、甲状腺における自己免疫疾患の一種とされている。ジジはここ数年、病気の症状や極度の疲労などのため、闘病生活を送ってきたと告白。健康状態は良くなってきているとし、「私はあなた達から見れば“痩せすぎ”なのかもしれないけれど、正直、それは私が望んだことではありません。だけど私は内面的に健康になっていると感じているし、みなさんと同じように日々自分のからだについて学び、成長しています」とつづった。
《モデルプレス》

特集

page top