ミス連発の「とくダネ!」が打ち切りの危機 | NewsCafe

ミス連発の「とくダネ!」が打ち切りの危機

社会 ニュース

ミス連発の「とくダネ!」が打ち切りの危機

2月8日放送に放送されたフジテレビの朝の情報番組『とくダネ!』で、84歳の現役冒険家である三浦雄一郎氏を《故・三浦雄一郎》と表示するというミスがあり、番組MCの小倉智昭が謝罪した。


この日の番組では平昌五輪に向け『あの解説者がみどころ解説』と題し、元スキーモーグル日本代表の三浦豪太氏が紹介された。その際に、父親である三浦雄一郎氏と一緒に写っている写真を使用し、《故・三浦雄一郎》というテロップを出してしまっていた。


「フジテレビの上層部は怒りに満ちており『もうあの番組はやめてしまえ!』という雰囲気が漂っています。三浦雄一郎氏がご存命なのは当然で、思い込みだとしてもひどすぎます。あまりにも単純なミスだと思います」(テレビ雑誌ライター)


ミスについては小倉も「もういいかげんにしてくれ。この番組は“裏取り”が中途半端なんだよな」とこぼしていたという。


《まいじつ》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top