死んだらどうなるのか、生還した人の証言が生々しすぎる | NewsCafe

死んだらどうなるのか、生還した人の証言が生々しすぎる

海外 ニュース

我々はいつか死にます。これは確率で言えば100%という確率で、これから逃れることは一切できません。ある意味、今の状態は死刑宣告を受けているようなもので、その運命の日がいつくるのか、明日なのか、それは誰も知りません。しかしそれはかならず来るわけで、それが恐ろしいわけです。そんな中、こちらの言葉が話題です。

ー臨死体験とは

人は死ぬとよく「お花畑に居る」「光が差し込んだ」「トンネルをぬけた」などという臨死体験をしたという話をよく聞きますが、今回まさにその体験をした人の証言が得られております。ただし、必ずしも「お花畑」というわけでは無さそうなのです。

また今回は、死ぬことを恐れる(タナトフォビア)で悩んでいる方にもある意味参考になる材料なのかもしれません。
《秒刊SUNDAY》

特集

page top