生涯を通して死刑囚と向き合い、諭し続けた男 「教誨師 篠田龍雄」 | NewsCafe

生涯を通して死刑囚と向き合い、諭し続けた男 「教誨師 篠田龍雄」

ビックリ ニュース
2017年に死刑執行された死刑囚は4人。その内訳は、7月に1991(平成3)年、京都市などで女性4人を殺害した西川正勝死刑囚(61歳)、2011(平成23)年に岡山市で女性を殺害した住田紘一死刑囚(34歳)、12月には、2011年に千葉県で一家4人を殺害した関光彦死刑囚(44歳)、1994(平成6)年に群馬県で3人を殺害した松井喜代司死刑囚(69歳)だ。こうした死刑囚を含めた、刑務所や拘置所に収容されている受刑者には「教誨師(きょうかいし)」と呼ばれる、受刑者を諭し導き、善にたちかえらせようとするため、無償で活動する宗教者が面会する機会がある。

■教誨師の先駆者 篠田龍雄


日本における教誨師の先駆者に、篠田龍雄(1896〜1978)がいる。篠田は福岡県の「筑豊三都」のひとつ、かつて石炭産業で興隆した直方(のおがた)市の西徳(さいとく)寺の長男に生まれ、後に14世住職となった。

西徳寺はJR福北(ふくほく)ゆたか線・直方駅北口にある。戦国時代に、現在の福岡県福岡市東区に存在した名島(なじま)城主・小早川秀秋の家老だった、篠田次郎兵衛重英が開基した浄土真宗本願寺派の寺である。1600(慶長5)年、関ヶ原の合戦当時に重英は出家し、西徳是照と号していた。その後、1628(寛永5)年、3世の清順の時に「西徳寺」という寺号を許され、今日に至っている。もともと直方の町は、江戸時代初期の1623(元和9)年に筑前・福岡藩の支藩である東蓮寺(とうれんじ。一時廃藩になるが1888(元禄元)年、直方藩として復活)藩4万石の城下町だった。そこで東蓮寺藩の「御館山城」城主・黒田隆政(福岡藩主・黒田長政の4男)が寺の本堂を建立し、藩の准菩提寺とした。1638(寛永15)年に島原の乱が勃発した際は、御館山城の第二砦となり、出陣の報告祭が催されたという。また寺内には、聖徳太子作の一木三体の阿弥陀如来像の一体とされる本尊や、具体的な時期や経緯は不明だが、1664(寛文4)年、貝原篤信の銘文が入った、福岡城内に時間を知らせた「時打ちの鐘」が移され、寺内に置かれた。直方藩が廃藩になった1720(享保5)年には、「御館山城」の山門が西徳寺に移されることになった。このように西徳寺は開山以来、歴史の場面場面において大きな役割を果たしてきたばかりではなく、城下町かつ寺町でもある直方の中でも、法務員(役付きの僧侶)だけで常時3〜5人がいる、富裕な寺でもあった。
《心に残る家族葬》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top