頭の中の考えが他人に伝わると感じる「思考伝播」という症状がある | NewsCafe

頭の中の考えが他人に伝わると感じる「思考伝播」という症状がある

ビックリ ニュース
ありえないような話に思えますが、言葉にしていないにも関わらず自分の考えが他人に伝わっているような経験は誰にでも一度や二度はあるはずです。ただし、あまりにも頻繁にそれが起こり、悩んでいるレベルであれば、それは「思考伝播」と呼ばれる症状を抱えているのかもしれません。頭の中の考えが他人に伝わると感じる「思考伝播」について紹介しましょう。

思考伝播とは
思考伝播とは精神疾患、統合失調症に見られる症状のひとつです。統合失調症の方には、他人の考えが入ってくると感じる「考想操作」、自分の考えが他人に奪われていると感じる「思考奪取」、自らの意思で制御できない思考がどんどん沸いてくる「思考即迫」といった症状があらわれる傾向があり、そのうちのひとつが、自分の考えが他人に伝わってしまっていると感じる「思考伝播」なのです。

思考伝播は、自分の声や態度から他人に考えが読み取られるのではないか、というものではなく、頭の中だけで考えていることが他人に直接伝わっているのではないか、と感じられてしまい、本人は非常に苦しい思いをしています。
《サプリ》

特集

page top