正しいしつけができている犬とできていない犬の差 | NewsCafe

正しいしつけができている犬とできていない犬の差

ビックリ ニュース
正しいしつけができている犬とできていない犬の差
しつけとは?


「正しいしつけ」とは何でしょうか。その定義は人によって異なるかもしれませんが、基本的にはしつけとは「犬が人間社会で生活するために必要なスキル」を教えることだと考えられます。重要なのは人間が好きなように芸を仕込むことではありません。もちろん叱ることで人間の思い通りにするものでもありません。しつけとは「犬」が「人間社会」で快適に生活すること、それが目的のものなのです。


例えば犬が野生で暮らす場合は自分が好きな場所で排泄をします。しかし、人間社会で、人間の家で暮らす場合、どこにでも排泄をされてしまうと困りますよね。飼い主さんは悪臭や掃除に追われます。そのことで犬にもつらく当たってしまうかもしれません。他にも、犬がお家の中でくつろいでいるときに、外を通る犬や車の音などに吠えることがあるかもしれません。そうなると犬にとっては家が安心できる場所になりません。常に警戒モードで過ごさなくてはいけなくなってしまいます。結果として、人間にとっても犬にとっても落ち着いた生活はできませんよね。
《わんちゃんホンポ》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top