ペンだこが出来る人は猫背が多い。肩こりや慢性疲労の原因にも | NewsCafe

ペンだこが出来る人は猫背が多い。肩こりや慢性疲労の原因にも

ビックリ ニュース
ペンだこが出来る人は猫背が多い。肩こりや慢性疲労の原因にも
長期間ずっとペンを握る習慣があると、中指の第一関節や親指に「ペンだこ」が出来ることがあるでしょう。ペンだこはペンの握り方や文字の書き方、日頃のケアで予防・改善することができます。この記事では、ペンだこの予防方法や対処方法についてご紹介していきます。

ペンだこができるメカニズムを知ろう
手だけに限らず、足などにも「胼胝(たこ)」はできます。たこは元から身体に備わっている防御反応のひとつで、身体に負担がかかったときに発生するものです。例えばペンだこができるとき、指に強くペンが押し付けられていますよね?このペンからの衝撃を指に与えないために、皮膚を硬くして皮膚の下にある骨を守ろうとするのがたこです。ですから、ペンだこができるときは「最もペンが押し付けられている指」に、足だこができるときは「もっとも靴の衝撃が加わっている部分」に症状が起きるのです。

ペンを強く握る、濃く文字を書く人
ペンを握って文字を書くとき、つい力んでしまって強くペンを握っていることはありませんか?ぎゅっと指にペンを握り込むと、指にペンが押し付けられてしまいます。また、濃くはっきりとした字を書く人も要注意。濃い字を書くということは、ペン先を紙に強く押し付けていることになります。そうなるとペンを握る指の力も強くなって、知らない間にペンだこができてしまいます。正しいペンの持ち方をしていれば、力強く握らなくてもペンを落とすことはありませんよ。また、「濃い字を書きたい」という人は元からインクの濃いペンを使ったり、芯の濃い鉛筆やシャープペンシルを使ったりするとペンだこの予防になります。
《サプリ》

特集

page top