中華料理店に「○○餃子」という店名が増えたカラクリ | NewsCafe

中華料理店に「○○餃子」という店名が増えたカラクリ

経済 ニュース
中華料理店に「○○餃子」という店名が増えたカラクリ

安価な中華料理を出す店が急増しているが、どこも判を押したように『○○餃子』という店名ばかり。


中華料理といえば、ちょっと前までは『○○飯店』がオーソドックスな店名だったが、なぜ餃子専門店でもないのに『○○餃子』という店名が増えているのだろうか。


「“餃子女子”という言葉が流行した2015年ごろから、日本では餃子が最もメジャーな中華料理となっています。宇都宮と浜松で消費量日本一を競い合っていますが、日本人ほど餃子が好きな民族はいないと言っていいでしょう。もちろん、中国や台湾には『○○餃子』という中華料理屋はほとんどありません」(グルメ雑誌ライター)


餃子はもはや日本独自の文化に発展しているといえそうだ。とはいえ、『○○飯店』という店名で餃子を前面に押し出すことも問題ないと思うのだが。


「“飯店”と店名に付けると、高級店に思われてしまう傾向があります。最も手軽な中華料理である餃子を店名にすることによって『当店はリーズナブルな中華料理屋です』ということをアピールしているのです」(同・ライター)


《まいじつ》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

page top