元西武2軍監督の片平晋作氏が68歳で死去 南海、西武、大洋でプレー | NewsCafe

元西武2軍監督の片平晋作氏が68歳で死去 南海、西武、大洋でプレー

スポーツ ニュース

西武は元2軍監督の片平晋作氏が膵臓がんで亡くなったと発表した
■22日午前9時58分に、膵臓がんで死去

 西武は22日、元2軍監督の片平晋作氏がこの日午前9時58分に膵臓がんで亡くなったと発表した。68歳だった。

 大阪府出身の片平氏は上宮高校から東京農業大を経て、1971年のドラフト4位で南海ホークスに入団。1979年に123試合に出場して打率.329、16本塁打をマークするなど内野手として活躍し、1982年に西武へ移籍し、1983年にはダイヤモンドグラブ賞(現在のゴールデングラブ賞)を獲得。1987年から現役を引退する1989年までは大洋でプレーした。

 1990年からは西武の打撃コーチなどを務め、1995年から1997年、2008年から2009年までは西武の2軍監督を務めた。その後は、女子プロ野球のイースト・アストライア(現埼玉アストライア)の初代監督も務めていた。
《Full-count》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top