トヨタ「e-パレット」は世界をどう変える? 社会通念を揺るがすそのポテンシャルとは | NewsCafe

トヨタ「e-パレット」は世界をどう変える? 社会通念を揺るがすそのポテンシャルとは

ビックリ ニュース

「CES2018」のプレスカンファレンスにて。登壇したトヨタの豊田章男社長と、次世代EV「e-パレット・コンセプト」(2018年1月、鈴木ケンイチ撮影)。
トヨタが「CES2018」にて発表した「e-パレット・コンセプト」は、人の価値観や自動車メーカーの在り方をも変えてしまうかもしれません。そのポテンシャルはもちろん、すでに具体的に動き始めている点にも注目です。

大風呂敷にあらず、トヨタが新型EVのコンセプトを発表

 新年早々、1月7日(月)から12日(金)にかけて、アメリカのラスベガスで「CES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)2018」が開催されました。いわゆる家電の展示会ですが、最近は自動運転技術関係なども最先端のエレクトロニクス技術を扱うということで、自動車メーカーやサプライヤーも競うように数多く参加するようになっています。

 そんな「CES2018」の最大の話題は停電でしょう。砂漠の街であるラスベガスに2日間も大雨が降ったため、雨漏りするホテルや展示会場が多数発生。さらに電気施設が雨にやられて、展示会場のホールが停電に。私(鈴木ケンイチ:モータージャーナリスト)もプレスルームに荷物を置いて、なにげなく様子を見に外へ出たら、ホールがロックアウトされて戻れなくなるというトラブルに見舞われました。ちなみに停電もロックアウトも2時間ほどで解消されましたが、最先端の家電ショーで停電とは、まさに珍事でした。 一方、自動車関連で最も注目すべきものはトヨタの「e-パレット・コンセプト」。これは簡単に言ってしまえば、自動運転機能を備えた箱型のEV(電気自動車)です。
《乗りものニュース》

特集

page top