吉沢亮から刺激受ける 玉木宏が絶賛「力強い芝居」<悪と仮面のルール> | NewsCafe

吉沢亮から刺激受ける 玉木宏が絶賛「力強い芝居」<悪と仮面のルール>

芸能 モデルプレス/ent/movie

玉木宏、吉沢亮 (C)モデルプレス
【吉沢亮・玉木宏/モデルプレス=1月13日】俳優の吉沢亮と玉木宏が13日、都内で行われた映画『悪と仮面のルール』の初日舞台挨拶に、新木優子、中村達也、中村哲平監督と出席した。

【さらに写真を見る】玉木宏が困惑した“サプライズケーキ”

映画は芥川賞作家・中村文則氏による同名小説が原作。初恋の女性・香織(新木)を守るため父を殺害し、失踪した久喜文宏(玉木)は、整形で顔を変え、十数年後に再び香織の前に現れる。そして香織に再び刃を向けられていることを知り、殺人を繰り返していくというストーリー。吉沢は、文宏に近づくテロ組織の実行犯の一人・伊藤を演じた。

玉木と対峙するシーンが多かったという吉沢は、「お芝居をしながら玉木さんと何か共有できているもの、現場で生まれた瞬間のものを大事にしていたなという印象があります」と撮影を回顧。プロモーション活動を経ての玉木の印象については「なんて言えばいいんだろう…すごく自然体、ナチュラル、フランクな方で気さくだなと思いますし、素敵な方だと思います」と絶賛した。
《モデルプレス》

特集

page top