安室奈美恵べストアルバム「売れ過ぎ」で心配されること | NewsCafe

安室奈美恵べストアルバム「売れ過ぎ」で心配されること

社会 ニュース

安室奈美恵べストアルバム「売れ過ぎ」で心配されること

今年9月の引退を発表している歌手の安室奈美恵のベストアルバム『Finally』(昨年11月8日発売)が、2カ月という短期間で売り上げ200万枚を突破した。アルバム作品の200万枚突破は、2012年に『ザ・ビートルズ』の『ザ・ビートルズ 1』が記録して以来5年5カ月ぶり。またソロアーティストでは、平井堅以来11年9カ月ぶり。女性ソロでは宇多田ヒカル以来の13年9カ月ぶりだという。


【関連】 安室奈美恵「紅白歌合戦」高視聴率が及ぼす今後への影響 ほか

「安室自身によるアルバム200万枚突破は『SWEET 19 BLUES』に次いで21年5カ月ぶりで、通算2作目でした。このまま勢いが持続すれば、300万枚も突破しそうです。この動きを見て、アメリカのプロモート会社が『全米ライブをやってほしい』と動き出しているという話があります。もし実現すれば、アメリカに住んでいる日本人だけでなく、安室ファンのアジア圏内の出身の人たちや、日本に留学経験がある人たちもライブに集まってくると思います」(芸能関係者)


《まいじつ》
page top