おしっこの色が濃い。これが病気のサインなのか知りたい! | NewsCafe

おしっこの色が濃い。これが病気のサインなのか知りたい!

ビックリ ニュース
トイレの際、何だかおしっこの色が濃くて不安になっているあなた。確かに尿は適度に黄色い状態が正常であり、色が濃過ぎる、いつもと色が違うというのは身体の異常の証であります。尿が何だか濃い、このとき身体では何が起こっているのか、考えられる症状について紹介しましょう。

そもそも尿の色はヘモグロビンからきている
そもそも尿はどうして黄色いのか。これは血中の赤血球中に存在するヘモグロビンからきています。血中の赤血球は古くなるとやがて分解され、それと同時にヘモグロビンも分解されます。このヘモグロビンが分解されるとビリルビンと呼ばれる、黄色い成分になります。このビリルビンの黄色がおしっこの黄色となって排出されているわけですね。では何故この血液からくる尿の色が濃くなってしまう事態となるのか。それは他でもない、血液成分が色濃く排出されてしまっている影響です。

身体の脱水状態が尿を濃くする
わたしたちの身体は体液の濃度を一定に保つため、過剰な水分は薄い尿として排出し、水分が不足していれば尿量を少なく調整しています。この尿量が少ないときには体液濃度の関係で尿が濃縮され、尿の色が濃い状態となるのです。そのため朝の起床時や、長時間運動した後などは水分不足により尿の色が濃くなる傾向にあります。つまりは身体の脱水状態が尿を濃くするというわけですね。ただ尿の色が濃い黄色ではなく、茶色だったり赤色をしていたりすると単なる脱水状態とは片付けられません。
《サプリ》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top