低コスト化の見通し立つ「太陽光・風力発電」なぜ普及しない? | NewsCafe

低コスト化の見通し立つ「太陽光・風力発電」なぜ普及しない?

経済 ニュース
低コスト化の見通し立つ「太陽光・風力発電」なぜ普及しない?

経済産業省は、原子力発電所の新設や建て替えの必要性に関する議論を近く始めるという。これを報じたYahoo!ニュースのコメント欄には《いつ福島の件が最終決着するか分からない。新設の議論は時期尚早》、《諸問題解決するめどが立たないのに新設するの?それなんか意味あるの?》など否定的な意見が圧倒的に多かった。


【関連】 NHK「クロ現+」アラフォー特集で怒りが収まらない同世代 ほか

温室効果ガス削減の枠組み『パリ協定』に日本は参加している。そのため、化石燃料による火力発電を減らさなければならないが、その代替エネルギーとして原発を挙げる声が主に経済界には多い。だが、欧米を中心にいま、猛烈な勢いで太陽光発電が普及している。そのため、海外からは奇異な目で見られている。


《まいじつ》
page top