「あんまり他の人に興味がない」大迫傑が結果を出し続けられるワケ | NewsCafe

「あんまり他の人に興味がない」大迫傑が結果を出し続けられるワケ

スポーツ サイクルスタイル/スポーツ/選手
大迫傑
  • 大迫傑
  • 大迫傑
  • 大迫傑
  • 大迫傑
  • 大迫傑
  • 大迫傑
  • 大迫傑
  • 大迫傑
「勝負に加わっていくことが目標だった。よく走れたと思っている。特に30kmを過ぎてから。先頭の2人にはついていけなかったが、自分のペースで走り切ることができた。タイムは大事だが、それよりも重要なのは、大会で勝てる選手になりたい」

大迫傑(ナイキ・オレゴン・プロジェクト)が12月3日に行われた福岡国際マラソンで、日本歴代5位の2時間7分19秒のタイムで3位に入った。

大迫にとってレースが動いたのは、5kmを15分で走っていたペースメーカーが30kmで外れたタイミングだった。優勝したモーエン(ノルウェー)と最終的に4位に終わったカロキ(DeNA、ケニア)のふたりがペースを上げた。

「レースが動いたとき、(モーエンとカロキが)ペースをあげたので、間をあけて、可能であれば自分のペースで徐々に詰めていこうかと思った。結果としてはモーエンに行ききられてしまった」
《大日方航》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top