「手を当てる」だけの「手当て」の効果。手のひらからも遠赤外線が! | NewsCafe

「手を当てる」だけの「手当て」の効果。手のひらからも遠赤外線が!

ビックリ ニュース

「手を当てる」だけの「手当て」の効果。手のひらからも遠赤外線が!
「手当て」というとケガや病気の治療という意味がありますが、なぜそのような意味があるのでしょか。実はこれ、かなり深い理由があるようなのです。小さなお子様のいるご家庭では「手当て」が日常にあるかもしれませんが、手を当てあるだけの手当てにも今注目が集まっています。

「手当て」のホントの意味
お腹が痛い時や足がつったなどの時に無意識にそこに手が行く経験は誰にもあると思います。人間の生得的に備わった自然の反応です。ところで、私たちは病気になったりすると薬を飲むことがありますが薬が直接病気を治すのではなく、体に本来備わった自然治癒力を上げる補助的な役割のものであるということを聞いたことはあると思います。実は「手当て」もその自然治癒力のひとつの反応なのだという説があるのです。昔の人は感覚的にそのことを知っていたのかもしれませんね。西洋医学の台頭で薬が直接、病を癒すと私たちは錯覚しがちで、この自然な体の反応の機微を見落としているのかもしれません。
《サプリ》

特集

page top