愛犬が飼い主の足の間で寝ている時の4つの心理 | NewsCafe

愛犬が飼い主の足の間で寝ている時の4つの心理

愛犬が飼い主の足の間で寝るのはなぜ?飼い主さんがくつろいでいると、いつの間にか愛犬も飼い主さんの足の間に挟まって寝ていることはありませんか?いつの間にかすっぽりと足の間に挟まって寝ている…気づいた時にはとてもほっこり癒されますよね。しかし、他にも寝る場…

ビックリ ニュース
愛犬が飼い主の足の間で寝ている時の4つの心理
愛犬が飼い主の足の間で寝るのはなぜ?


飼い主さんがくつろいでいると、いつの間にか愛犬も飼い主さんの足の間に挟まって寝ていることはありませんか?


いつの間にかすっぽりと足の間に挟まって寝ている…気づいた時にはとてもほっこり癒されますよね。しかし、他にも寝る場所はたくさんあるのに何でわざわざ人間の足の間で寝るの?と不思議に思ったことはありませんか?


今回は、そんな「愛犬が飼い主の足の間で寝ている時の心理」を4つご紹介したいと思います。
ではさっそく、見ていきましょう!

足の間で寝る心理その1:挟まると安心するから


大好きな相手とぴったりくっついて過ごすことは、とても幸せですよね。犬にとっても大好きな飼い主さんとくっついて眠ることはとても安心できるし、穏やかでリラックスできる時間なのでしょう。


また、犬は寝床として狭い場所を好み、仲間とくっついて眠ることで安心します。人間が足を少し開いて横になると、犬にとってちょうどよい隙間になって温もりも感じられる部分なので、足の間に挟まって寝ているのだと考えられますね。
《わんちゃんホンポ》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top