大阪大学シンポジウム「ダイバーシティが拓く、関西の未来」2/5 | NewsCafe

大阪大学シンポジウム「ダイバーシティが拓く、関西の未来」2/5

ビックリ リセマム/教育イベント/先生

大阪大学シンポジウム「ダイバーシティが拓く、関西の未来」
  • 大阪大学シンポジウム「ダイバーシティが拓く、関西の未来」
  • 大阪大学シンポジウム「ダイバーシティが拓く、関西の未来」プログラム詳細
  • 大阪大学
 大阪大学は2018年2月5日、ダイバーシティを牽引する企業の代表や実践者をゲストに迎え、ダイバーシティ環境を実現するための実践ビジョンについて考えるシンポジウム「ダイバーシティが拓く、関西の未来」を開催する。定員は350名で参加無料。当日は無料の託児室も用意される。

 大阪大学は、2016年度に医薬基盤・健康・栄養研究所、ダイキン工業を共同実施機関として、文部科学省が進める科学技術人材育成費補助事業「ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(牽引型)」に採択された。現在、産学官連携の女性研究者循環型育成クラスター形成に向けた活動を展開しており、今回のシンポジウムはこの成果報告も兼ねて行われる。

 第1部では、ダイバーシティを牽引する企業2社が登壇。サントリーホールディングス代表取締役副会長・鳥井信吾氏による「『モノ』と『コト』―酒造りと多様な人づくり―」、日本アイ・ビー・エム取締役専務執行役員・福地敏行氏による「IBMの100年にわたるダイバーシティの取組みと課題」のほか、大阪大学総長の西尾章治郎氏による「産学官共創による好循環で実現する男女協働」の3本の基調講演が予定されている。
《畑山望》

特集

page top