「スター・ウォーズ」“ルーク”マーク・ハミル、レイア姫役キャリー・フィッシャーさん悼む「今でも生きているような気がしてならない」<来日記者会見> | NewsCafe

「スター・ウォーズ」“ルーク”マーク・ハミル、レイア姫役キャリー・フィッシャーさん悼む「今でも生きているような気がしてならない」<来日記者会見>

芸能 モデルプレス/ent/disney

「スター・ウォーズ」“ルーク”マーク・ハミル、レイア姫役キャリー・フィッシャーさん悼む「愛さずにはいられない存在」<来日記者会見>(C)2017 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
【スター・ウォーズ/モデルプレス=12月8日】7日、都内にて12月15日公開の映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』の来日記者会見が行われ、ルーク・スカイウォーカー役のマーク・ハミル、カイロ・レン役のアダム・ドライバー、ライアン・ジョンソン監督、ルーカスフィルム社長キャスリーン・ケネディが登壇した。

【動画】意味深シーンがたくさん…「スター・ウォーズ」最新作

◆“ルーク”マーク・ハミル、レイア姫役キャリー・フィッシャーさんへの思い

「スター・ウォーズ」史上最大の“衝撃”が待ち受けていると言われている本作。

「スター・ウォーズ」シリーズの“象徴”であり、本作のカギを握っているルーク演じるマークは、昨年末に急逝したレイア姫役のキャリー・フィッシャーさんについて「キャリーと出会ったのは彼女がまだ19歳の時だった。彼女は唯一無二でかけがえのない存在だよ。もちろんファンにとってもね。愛さずにはいられない存在だった。今でも生きているような気がしてならないよ。本作での演技も素晴らしいけれど、彼女が映画に出ている姿を見ると余計に亡なくなったとは思えない。キャリーのモットーだった“毎日を精一杯に生きること”を心に、ぜひこの映画を楽しんでほしい。僕たちはしょっちゅう喧嘩をして実際の兄妹のようだったけど、今でも僕にとってかけがえのない存在だ」と愛に溢れた優しい言葉を語った。
《モデルプレス》

特集

page top