マツコ・デラックスが「やる気なくなった」と発言した銀座の超高級クラブで... | NewsCafe

マツコ・デラックスが「やる気なくなった」と発言した銀座の超高級クラブで...

芸能 ニュース

マツコ・デラックスが「やる気なくなった」と発言した銀座の超高級クラブで...
6日に放送されたテレビ朝日系「マツコ&有吉 かりそめ天国」での企画が話題になっている。



番組では「本物の銀座の超高級クラブで豪遊したらいくら払うことになる?」という疑問をロッチの中岡創一が実際に検証した。

中岡が美人ホステスたちに接客されながら、“テーブルチャージは4万円以上5万円未満が相場”、“初回はキープボトルを入れるのが定番”、“終わりを告げない限り自動延長”など、銀座の超高級クラブでのシステムが次々と判明されていった。

120分の間に中岡はシャンパンボトル2本、焼酎ボトル1本、フルーツやお寿司などを楽しみ、お会計は23万6500円という金額だった。

さらに、サービス料としてお会計の約45%が加算され、総額35万9030円という驚きの金額となった。

スタジオでこのVTRを見ていた有吉弘行は「まいったね」とあまにも高価な遊びに驚きの様子を見せ、「俺マジでトイレ行くふりして逃げるもん」とコメントし、マツコ・デラックスも「あー、今日もうやる気なくなった」と発言した。
《E-TALENTBANK》

特集

page top