犬のウンコを使った銀行強盗事件がスペインで発生! 似たような手口でスリも多発しているので渡航者は要注意 | NewsCafe

犬のウンコを使った銀行強盗事件がスペインで発生! 似たような手口でスリも多発しているので渡航者は要注意

ビックリ ニュース

武器を片手に銀行員を脅して金を強奪する犯人がいれば、「金を出せ」と書いたメモを窓口で手渡すなど、銀行強盗の手口は様々である。だが、スペインで起きた事件の手口はレアケースと言えるだろう。

というのも、なんと犬のウンコを使った銀行強盗事件が発生したのだ! 似たような手口でスリも多発しているようなので、渡航者は十分気をつけて欲しい。

・犬のウンコを使った方法で銀行強盗が発生!
英ニュースサイト『METRO』によると、犬のウンコを使った方法で銀行を襲う事件が起きたのは、スペインの地中海に面する港湾都市カルタヘナだ。犯人グループはコロンビアとメキシコ、キューバ出身の5人組。彼らは21歳~61歳と幅広い年齢というだけでなく、バラバラの服装で他人を装って銀行へ入った。

・他人を装った集団強盗
その時点で綿密に計画されたことが分かるが、手口はこうだ。まず1人が犬のウンコを銀行の出入り口付近に落とし、他の1人が犬のウンコに文句をつける。「なんで掃除をしないんだ!?」と騒ぎ立てることで、従業員と客の気をそらす役目を演じるのだ。
《ロケットニュース24》

特集

page top