西武新入団発表、辻監督が新人選手に“ゲキ”「源田、平井のようになって」 | NewsCafe

西武新入団発表、辻監督が新人選手に“ゲキ”「源田、平井のようになって」

スポーツ ニュース

新入団選手発表会に臨んだ西武・辻監督と新人選手たち【写真:上岡真里江】
■源田本人もVTRで登場「ご飯をいっぱい食べてください」

 7日、西武の新入団選手発表会が埼玉・所沢市で開催され、今ドラフト指名を受けた全8選手が、集まったファン500人の前であいさつした。

 初めて、来季から共に戦うことになる新入団選手全員の顔を見た辻発彦監督は、今季活躍した新人2人の名を挙げ、「源田(壮亮)、平井(克典)のように、ぜひチームに新しい風を吹かせて欲しい」と、1年目からの活躍を期待した。

 壇上では、選手全員がプロ野球人生での目標を記した色紙をそれぞれ披露した。ドラフト1位齊藤大将投手が書いたのは『記憶と記録に残る選手』。「(プロは)結果の世界だと思っています。結果を出さないことには始まらないと思いますし、野球だけでもよくないと思っているので、他のいろいろな面でも、記憶や記録に残るような選手になりたい」と、堂々と決意を語った。

 また、応援メッセージとして、今季新人王を獲得した、源田壮亮内野手がVTRで登場。「僕もちょうど1年前、その場所でプロ野球選手としてのスタートを切りましたが、とても緊張したのをおぼえています。毎日元気にグラウンドに立つのが大事だと思うので、ご飯をいっぱい食べてください。歳が違っても、何でも言い合えるのが同期です。横にいる同期を大事にしてください。みなさんに会える日を楽しみにしています」と、エールを送った。
《Full-count》

特集

page top