近藤真彦「過剰接待」も歌はカラオケレベル!批判殺到 | NewsCafe

近藤真彦「過剰接待」も歌はカラオケレベル!批判殺到

社会 ニュース

近藤真彦「過剰接待」も歌はカラオケレベル!批判殺到

12月6日に放送された『FNS歌謡祭 2017 第1夜』(フジテレビ系)に近藤真彦が出演。番組の最後に3曲を歌ったが、視聴者から「カラオケレベルの歌声」だと批判が殺到している。


【関連】 近藤真彦がこの時期に新曲を発表した「本当の理由」 ほか

近藤は『THE ALFEE』の高見沢俊彦、『NMB48』の山本彩、『TOKIO』の城島茂、『関ジャニ∞』の丸山隆平と大倉忠義をバックバンドにしたがえ、『ミッドナイト・シャッフル』、『ハイティーン・ブキ』、新曲の『軌跡』を歌い上げた。


近藤は曲を披露する前のバンドの自己紹介で、ジャニーズ事務所の後輩の城島と丸山、大倉をわざと紹介せずとぼけてみせた。丸山から「マッチさんちょっとお願いしますよ」と言われていたが、近藤は終始、機嫌よさそうな様子だった。


《まいじつ》
page top