通算404発・中村紀洋氏が中学硬式野球大会開催「素晴らしさを伝えたい」 | NewsCafe

通算404発・中村紀洋氏が中学硬式野球大会開催「素晴らしさを伝えたい」

スポーツ ニュース

現役時代にはドジャースなどに在籍していた中村紀洋氏【写真:Getty Images】
■来月「第1回中村紀洋杯 中学硬式野球大会」開催へ

 1991年に近鉄に入団し、プロ野球実働22年で史上17位となる404本塁打を積み上げた中村紀洋氏が「第1回中村紀洋杯 中学硬式野球大会」を開催する。

 大会は、中村氏が代表を務める一般社団法人「N’s method」と公益財団法人日本少年野球連盟東日本ブロックが主催。北海道から山梨県までの東日本ブロック各支部代表16チームが埼玉県に集結し、トーナメント方式で試合を実施(敗退チームは順位決定戦へ)。大会は12月2日から2日間にわたっての開催される。

 大会開催の目的は「野球を愛する少年に、野球を通じて心身の鍛錬とスポーツマンシップを理解させることに努め、規律を重んじる明朗な人間形成を目的とする」ことにあるという。

 中村氏自身はどのような思いで大会開催を決めたのか。開幕を間近に控え、現在は野球の技術指導も行う同氏からコメントが寄せられた。
《Full-count》

特集

page top